ETCカード 比較

更新日:2017/12/14

しっかりと知っておきたい所得証明書不要なカードローン


所得証明書不要というカードローンがあります。所得証明書を用意することは、案外面倒なことです。所得証明書となるものを捨てずにとっておいたとしても、それを持ち歩いている人はいないでしょう。その場合、もし出先で急な出費に迫られ、カードローンに申し込もうとしても、所得証明書が必要ならば申し込みできないことになってしまいます。ですから、どこならば所得証明書不要なのか、知っておきたいものです。銀行のカードローンの場合が、所得証明書は不要となります。

ただ、もう1つ知っておきたい大切なことがあります。それは、銀行と銀行系の違いです。 銀行は、当たり前ですが銀行です。ただ、銀行系は銀行だけを指す場合もありますが、銀行の傘下にある消費者金融も含めて銀行系と称する場合もあります。つまり、銀行系という言葉は曖昧な使われ方をしているのです。ですから、銀行系の言葉を鵜呑みにせず、しっかりと確認する必要があるのです。

所得証明書不要なのは銀行だけです。銀行傘下の消費者金融は、銀行傘下であっても消費者金融ですから、所得証明書が必要となります。何を隠そう、私は、このことで失敗しているのです。銀行系だから所得証明書は不要だと思っていたら、銀行傘下の消費者金融でしたので所得証明書の提出を求められました。所得証明書を持っていなかった私は、申し込みを中止し、その場を後にしました。


ETCカードとそれらの比較について


ETCカードとそれらの比較についてですが、ここ数年、高速道路で利用することのできるETCにご加入なさる方が増えてきている状況が存在しているようです。これらのETCカードにも、さまざまな種類のものが存在しているようでして、お買い物に便利であったり、特典が利用できるようなカードなども見かけるようになっている部分があります。

これらの中には、全国に展開するガソリンスタンドの系列会社のカードなども存在しておりまして、高速道路料金だけではなく、ガソリン代などもお得なカードもあるようです。よく各地へ自動車でお出かけになられるような方にとりましては、こうしたカードもとても便利であると考えることができるのではないのでしょうか。それ以外にも、さまざまなカードが増えてきているのですが、これからご加入をお考えになられているのであれば、オンライン上のこうしたETCカードの比較サイトの内容などをご参考になさってみるのもよろしいのではないかと思います。

こうしたカードの種類も豊富に存在しておりますので、それぞれの方の用途に合致したような内容のカードをお探しになられてみてはいかがでしょうか。中には、高速道路での利用マイレージが貯まるカードなども存在している部分があるようですので、これらのカードをご活用なさってみるのもよろしいのではないかと思います。頻繁に高速道路をご利用なさいますと、やはり利用料金もかなりのものになることもありますので、それぞれの方の必要に応じてこれらのご選択についてお考えになられてみるとよろしいのではないのでしょうか。



カードローンがなぜ落ちたか分析する方法がある


消費者金融の審査になぜ落ちてしまったのか、わからないときというのがあるかと思います。これを知ることはまず無理と思われるかもしれませんが、ないこともないのです。このようなことを調査してくれるサイトというのが実際あるのです。事前に自分は今どうなのかを知るうえでも、これは大変有効なことであり、もし何かに引っかかっていた場合、それを改善することで対処することが可能ということになるのです。ただし、これは有料の場合が殆どで、3000円も掛からないはずなので、心当たりのない人やこれからもう一度カードローンを使いたいと思う人には、大変オススメでもあります。そんなサイトで自分の信用調査を行った上で、これからのことを考え直す機会にもなるのです。

では、このようなサイトでそのような内容のものが報告書として、自分のところに届くかというと、一番肝心なのは返済履歴というもので、これは当然1回も返済が遅れたとかということが許されない部分でもあり、過去を見るにはいいことなのです。また、契約されている口座の残高や契約されている口座保有数などの情報も報告書に書かれており、別々に評価がされているのです。この時点でカードの使用残高の総計が分かったり、借入れなどの全体像がこれではっきりと分かります。最後にはスコア診断されているのですが、このときになにが悪影響を与えているのかということでレポートされているので、それで、自分のカードローン審査が落ちた理由というのが、把握できたことになるはずです。



ネットに強みのある住信SBIで住宅ローン借り換えをする


マンションや一戸建ての住宅は大変高額なため、購入するためには住宅ローンが不可欠であり、長い年月をかけて返済してようやく自分達の資産になります。計画を立てて借り入れて返済するのですが、さまざまな事情で返済方法を変更するなど、計画の見直しはとても大切なことになります。世の中の経済情勢の変化により、金利が引き下げられれば変動金利型から固定金利型に変えてみたり、家計の負担が増してくるような時期であるなら、返済金額や期間を変えるといった無理のない内容にして、返済が滞るような状態だけは避けたいものです。いろいろな条件を鑑みて、住宅ローン借り換えをする方が返済総額が安くなる場合があるので、検討してみるのもひとつで、ネット専業の住信SBIではインターネット上で、住宅ローン借り換えの申し込みができるため、大変便利な金融機関といえます。

 借り換えの目安となるものに、新規の借り入れとの金利差が年1.0%以上で、借り入れの残存期間が10年以上、ローンの残高が1000万円以上あるような条件にメリットがでてきます。借り換えをするには複数のローンを組んでいる場合には、原則一本にまとめなくてはならず、同じ金融機関での借り換えができないうえに、手数料や抵当権の登記移転といったある程度の費用がかかるため、先ほどの目安をもとに計算する必要があります。住信SBIの特徴に保証会社を使わないため保証料がかからず、繰り上げ返済の手数料が何回でも無料で1円からでき、8疾病保障という独自の内容が住信SBIの負担でつけられます。インターネットで借り換えの仮申し込みの審査が通ると、郵送と電話で手続きが完了するため、店頭に出向く必要がなく、仕事で忙しいといった方に合っています。